令和元年

  • がんも(6月24日)
    令和の足跡

M's Zoom

  • 鯖の頼り(5月27日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 蛇苺 | トップページ | さあ、走ろう (バックミラーに青空が映った) »

2005年5月 4日 (水曜日)

熊野古道「ツヅラト峠」

熊野古道の「ツヅラト峠」を歩いてきました。   【5月3日】

海側(紀伊長島側)から登って、旧大内山村のほうに下りました。
標高400メートル弱の峠になります。これを海の高さから登るので、御在所岳の急斜面にも負けないような箇所もあります。

熊野古道は、歴史の街道です。
一生に一度でいいからお伊勢さんに御参りしたい、熊野にも詣でたい、そういう庶民の念願を叶えるための街道なんですわ。

昔の人々は歩きました。
海道を選択することもできたでしょうが、それは高額で危険を伴うものだったに違いない。
そんなことを娘と話しながら、岩の斜面を這い上がりました。

江戸時代ころまではこの斜面を魚を担いだ行商人も越えたという。

峠から太平洋が見えたときには言葉は出ないほど嬉しかった。じっと水平線を見やるばかりでした。

(写真は現像してからですから未定です)

« 蛇苺 | トップページ | さあ、走ろう (バックミラーに青空が映った) »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30