« 空を見上げる | トップページ | 皺皺の手で差し出す柏餅 »

2005年5月21日 (土曜日)

薫風の五月に

┏┏┏┏┏ 三重の環境 平成17年5月16日発行 メルマガ ┏┏┏┏┏

◆ 巻頭言 

 風薫る五月となりました。御在所岳でアカヤシオの花が咲いたという便りが届いて来ると堰を切ったように次々と花の便りが舞い込んできます。

 自然とのふれあいをモチーフにした三重の環境・トップページの投稿写真にも次々とみなさんの力作が寄せられています。どうぞ、ご覧ください。
 また、ライブカメラが設置されている「青山高原」の風景には、初夏の風を受けて力強く回る風力発電施設、そして五月下旬にはたくさんのツツジが咲き誇りる様子がカメラを通して少し伺えると思います。

 種田山頭火が、「けふもいちにち風をあるいてきた」と詠んでいます。青田が日々色濃くなる季節に山頭火は行乞途上にありました。自然のなかを歩き続けている姿がこの句からうかがえます。句集ではこの作品のあとに、「ほうたるこいこいふるさとにきた」とも詠んでいます。
 
このメルマガが届いて一週間もすると県内各地のとっておきの場所でホタルが舞い始めることだろうと思います。


◆ 編集後記

 常一さんと聞けば誰を思い浮かべるでしょうか? 宮本常一さんと西岡常一さんの二人を思い浮かべる方々も多いと思います。今回は、西岡常一さんの語録をお借りします。

 西岡さんは、法隆寺金堂の大修理、法輪寺三重塔、薬師寺金堂や西塔などの復元を果たした宮大工棟梁として有名です。

 語録に
 「わたしどもは木のクセのことを木の心やと言うとります。風をよけて、こっちへねじろうとしているのが、神経はないけど、心があるということですな。」
 「木のクセを見抜いてうまく組まなくてはなりませんが、木のクセをうまく組むためには人の心を組まなあきません。」
 「あなたが今造っているものが、五十年もたったらその町の文化になる。そういうものを造らなければいけない。」
 「どの木にもそれぞれ癖があり、右や左にねじれようとする。右にねじれた木は、左にねじれたあの木とくみあわせたい。何百年後の木の性質と相談しながら、それぞれの癖を見抜いて使ってあげたい……。」
 (堂塔を建てる際には)「木は山ごと買って、その山の南に生えていた木を南側に使い、北の木は北に使い、西の木は西に、東の木は東に使え」
などがあります。

 環境活動を実践する我々にも共通するずっしりと重い言葉に揺るぎないものを感じます。

 ※ 環境学習情報センターの展示コーナーには環境に関する図書が約2,500冊あり、閲覧できるようになっています。その中に、西岡常一さんの「木に学ぶ」という本があります。

« 空を見上げる | トップページ | 皺皺の手で差し出す柏餅 »

【銀マド・名作選】」カテゴリの記事

【雷山無言】」カテゴリの記事

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ