« 風薫る五月 | トップページ | 枇杷の実を川のむこうでみつけたよ »

2005年5月16日 (月曜日)

ジャガイモの花が咲いたとメールする

本名は猫柳素庵といい、いっぱしの俳号と自分なりに喜んでいるものの誰も素庵さんとは呼んでくれず猫さんと呼びます。

川柳というと少し軽めに思われがちですがそんなことはありませんでして、俳句と対等にエロティック、或いは蔭で涙を拭きながら、ときには打ち明けてはいけない激しい恋もサラサラと綴れます。

道端の畑に広がるジャガイモが少し前からポツポツと花を咲かせ始めました。恋人と喧嘩して別れたのもこの季節だった。

---
ジャガイモの・・・です

前の投稿「ジャガイモの」と書いたつもりが「の」がない。マヌケならぬノヌケやね。(あとでタイトルは直してしまってます)

時実新子さんの句に「更年期みかんの花が咲いている」というのがある。詳しいことは知りませんが、更年期ってのは自分の気持ちと身体が同期しないでいる時期で、とっても悔しくて地団駄を踏みたいときなんだろうと思う。

甘くて腰から砕けるようなみかんの花が放つ香り。負けるもんか、と思ったんじゃないか。私もジャガイモで真似してみた。

« 風薫る五月 | トップページ | 枇杷の実を川のむこうでみつけたよ »

十七音 のおと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876160

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガイモの花が咲いたとメールする :

« 風薫る五月 | トップページ | 枇杷の実を川のむこうでみつけたよ »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ