2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 子ツバメよ黄金の海を飛んで来い | トップページ | 銀マド>焦る »

2005年5月26日 (木曜日)

空を見上げる(2)

夏休みにおこなう2時間程度の子供向けの講座で、「お天気」と「環境」をテーマにして誰かやってくれないかという話が出た。視線が私に集中したので受け持つことにした。テキストも筋書きもまだ無い。
さて、どんなことを話して子供たちに未来の設計を任せようか。

環境は時々刻々と変化している。それ以上に日々の技術進歩は激しいのだから、私たちの住む環境の悪化抑止など簡単なことであるはずなのに、不安は募るばかりだ。
地球温暖化の危機を叫ぶ際のバックデータの時間軸は50年後100年後という単位です。パソコンの技術革新を表現する時間軸は半年後、1年後というもの。人の命は70年、世代は30年、太陽は24時間。環境が変化して人類に影響を与えているのは、400万年前に人類が地球上に姿を現してからの長い歴史のほんの数十年前からの話だ。そこでの影響度合いは指数関数的に増加するものの、自然現象の数字そのものは決して大きいものではなく、人間の生命という時間軸から考えても現代人が未来の環境に無関心で自分の歓びだけを追及する心理的根拠は十分に理解できる。
しかし、それではいけないのだ、と科学技術をバックに立ち上がろうとする人々もいる。ところがこの科学技術ってものがまた麻薬に似たようなもので、思うように私たちの暮らしにプラスとなるわけでもない。もっと人間としてのなすべきことや哲学的な視野からの刺激が甦って欲しい。

様々なことを議論し、あらゆることに知恵を巡らせて、環境を守ろうと立ち上がる人々が少しずつ増えている。知識人が全世界で環境を叫ぶのであるが、個人のエゴや国家の利益に偏った思惑がチカラを持っていることに、まだまだ無力を感じるときもある。そんな理屈を幾つも並べ立てて、自動車の排出ガスが大気を汚染することや二酸化炭素などが温室効果を生むこと、エネルギーの無駄使いを抑止すること、リサイクルのことを話して、果たしてどれだけの人々の気持ちが動くのだろうか。(いえいえ、効果は大きいのですが)


先日、空を見上げる話を書いたら、予想以上にたくさんのコメントを戴いた。人はひとりになって、例えば深夜に日記をつけるときに、その日に見上げた空の色を思い出すのだろう。仕事を終えて家路を急ぐときに真っ赤な夕焼けが見えたら思わず立ち止まってしまうのだろう。事実、昔、ある夏の夕暮れに西武池袋線・江古田駅で、連絡通路に上がる階段がやけに混雑しており人を掻き分け昇ってみたら奥武蔵の方角に沈まんとする真っ赤な太陽を我も見ようとして立ち止まる人が溢れていた…ということがありました。

自然を大事にしなくてはならないなんて当然だが、タイムマシンに乗って石器時代の生活に逆戻りはできないのだから、大気汚染や環境変化の理屈を話ながらも地団駄が続く。

美しい空を、子供のときに眺めたことがあったからこそ真っ赤な夕焼けに感動できる。あのときにホンモノと出会えたことで、その後の変化に気づくことができる。つまりその「気づき」がすべての始まりであり基本なのだ。
そういうモノに心を動かすだけの純粋さや熱情、子供心を失くさないで…と、自然を見つめる心を育てる教育とはどんなものだ…という方向へと想いは脱線してゆく。どうしたら、もっともっとホンモノを伝えられるのか。

« 子ツバメよ黄金の海を飛んで来い | トップページ | 銀マド>焦る »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53876336

この記事へのトラックバック一覧です: 空を見上げる(2):

« 子ツバメよ黄金の海を飛んで来い | トップページ | 銀マド>焦る »