2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 御用始 | トップページ | ともだちのともだち »

2005年1月 5日 (水曜日)

銀マド>小寒号 小寒の星も夜空で震えたり

流れ星を見つけようと空を見上げたのはつい先日のことだ。

小寒。
きょうも素晴らしい星空だった。
---------

小寒の星も夜空で震えたり  (ねこさん作)

車が信号で止まったので窓の外を見上げたら名前を知らない星座がくっきりと見える。ああ、ココは山の中なんだなって感じました。滑走路のような国道が何キロも直線で続く。

ほんまに冬はよく瞬くわ、お星さま。古代の人はこんな神秘なものを見上げて暮らしていたんだね。信仰もそれほど明確に無かったころ、人々は自分の心と対峙して暮らしていた。争いもなく闘いもなく軋轢もなく。

きょうは小寒。
ぶるっと寒い朝だった。でも凍らないから私の町は過ごしやすい。

明日はもっと寒いそうです。

三日間、PCの前で過ごしたので頭痛が引かなくなってしまった、ピップエレキ板を4つも貼っています。

で、その間にあれこれとブログを読んでいて、素敵な人に出会ったよ。ご迷惑かな。TBしちゃおう。

  いつまでも転んでいるといつまでもそのまま転んで暮らしたくなる 山崎方代
いいですね。

« 御用始 | トップページ | ともだちのともだち »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/2482885

この記事へのトラックバック一覧です: 銀マド>小寒号 小寒の星も夜空で震えたり:

« 御用始 | トップページ | ともだちのともだち »