フォトギャラリー(令和2)

  •  なすびの煮浸し(十日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 年末恒例:3大ニュースピックアップ | トップページ | 義経 »

2004年12月17日 (金曜日)

でっかい海 見てきた

5年前の今日、明日を読ませていただきました。
(トラックバックして驚かせてごめんなさい。)

 

わたしにはこのかたの出会いをそのまんま理解することは出来なくてあたりまえ。
でも、どうやらバイクに乗ることや
様々な思い出をバイクとともに積み上げてこられたらしいことで共通するかな。
その出会いの一瞬をとても大事にしてらっしゃるのですね。

 

ブログを開いて、さあ、と考える。
いいことも思い出せば悪いことばかりが思いつくことだってある。

 

5年という節目を綴ったひとつの文章を
ちっともその本当の意味を理解していないくせに
わたしは、自分のことのように、自分に当てはめて考えている。

 

今年、私は何キロ走ったのだろうか。
5000キロよりももっと短かったかもしれない。
昔、東北を激しく燃えて走った夏、わずかばかりの間に4800キロも走ったこともあった。

 

---

 

きょう、紀州に出かけていました。お仕事です。
暖かい。
熊野灘に飛び出した堤防の上から海を覗き込んだ。
海底の岩がごろごろとしているのが見える。
驚いた。
こんなに透き通った海を見たのは初めてかもしれない。

 

ヨーシ、こんどの日曜、バイクで来てみようか。
空も青い。海も青い。
ワクワクしてきたよ。

« 年末恒例:3大ニュースピックアップ | トップページ | 義経 »

瞬く・初版」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: でっかい海 見てきた:

« 年末恒例:3大ニュースピックアップ | トップページ | 義経 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト