フォトギャラリー(令和2)

  •  なすびの煮浸し(十日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 新・雷山無言 を始めます | トップページ | 初冬の風 »

2004年12月 6日 (月曜日)

ロリン・マゼール

重松清のエイジを読みながら、コタツに横になった。

 

すると、「NHK音楽祭2004ハイライト」ってのをやってた。9時から。

 

「交響曲 第4番 ホ短調 作品98」(ブラームス作曲)(指揮)ネルロ・サンティ(管弦楽)NHK交響楽団
「交響曲 第9番 ホ短調 作品95“新世界から”」(ドボルザーク作曲)(指揮)ロリン・マゼール(管弦楽)ニューヨーク・フィルハーモニック

 

とりあえず本はそのままで聴き入ってしまう。

 

「交響曲 第8番 ハ長調 D.944」(シューベルト作曲)(指揮)ヤコフ・クライツベルク(管弦楽)ウィーン交響楽団
も続けてやっていたが、明日は仕事だし、お風呂の順番もあって断念。

 

解説は黒田恭一さん。司会は森田美由紀さん。この森田さんがニュースを読んでいたときよりも明るく生き生きしているから聞いていて嬉しい。

 

ロリン・マゼールは、すごくよかった。12月のせわしいときに、いいものを聴かせていただきました。ああ、生演奏を聴きに行きたいなーってしみじみ思うわ。

 

« 新・雷山無言 を始めます | トップページ | 初冬の風 »

瞬く・初版」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロリン・マゼール:

« 新・雷山無言 を始めます | トップページ | 初冬の風 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト