フォトギャラリー(令和2)

  •  なすびの煮浸し(十日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« きょう、里芋の皮をむいたよ | トップページ | 新・雷山無言 を始めます »

2004年12月 3日 (金曜日)

ボントロ

先日からある人のブログにお邪魔することがある。
ピアノの先生なんだけど、それもあまり詳しく尋ねることもできないし、尋ねたらストーカー扱いもままならないご時世だし、そっと、まあ言っちゃ何だな、片思いのようなもんである。

 

トロンボーン(通称:ボントロ)を永年やっていると、楽器持ちの性格に特徴があるのがわかる。ボントロ吹きは、もの凄く目立つようなことを積極的にはしないが、ほんとはいつかは目だってみたい…みたいな性格が多いと思う。バンドではバンマスなどには即座にはならず、楽譜整理係などを地道にする。

 

目立たず、バッキングをすることが多いため、楽曲全体を把握する耳はけっこう優れている。リズムにも敏感だ。ベースやドラムスが目に見えない程度でも上手になっただけで、敏感に反応して曲に乗れるようになることもある。

 

ゆみこさんが上手な人とのセッションの話を書いていたが、まさにその通りですね。一緒にセッションをしてくれる人が上手だと、見る見るうちにセンスが向上する。1+1=3くらいになってしまうから不思議よ。

 

京都に住んでいたころはコンボもやっていたので、12月の今頃はクリスマスソングを吹いていたなーって思い出しています。ビブレでコンサートしたなー、懐かしい。もっともっと練習すればよかったのに、って今頃後悔してみたり。

 

父(ボントロ)と娘(ピアノ)でクリスマスソングのデュオができたらいいなあーと思ってみるが、我が家の娘さんは、さらさらその気はないらしい。楽器はひとりで吹くより二人のほうがいいよな。

« きょう、里芋の皮をむいたよ | トップページ | 新・雷山無言 を始めます »

瞬く・初版」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボントロ:

« きょう、里芋の皮をむいたよ | トップページ | 新・雷山無言 を始めます »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト