フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« おはよう | トップページ | 大根食いたし寒露かな »

2004年10月 8日 (金曜日)

10 月8 日号 寒露篇

大根の湯気が恋しい寒露かな 〔ねこ〕

おでんが喰いたいなと思う。夏のように明け方の空がどんよりとすることもなく、晴れの日は朝からスカッと空が青い。

空気が綺麗な証しだろう。職場のある四日市の丘陵地帯から見下ろす平野の様子もくっきりとし始めた。冬になって北風が吹くようになると、名古屋市の高層ビルや御嶽山までも見渡せるようになる。しかし、その時期は下界より一層寒い。

水沢のお茶畑で3番茶の刈り込みが始まったなと思っていたら、あっさりと終わってしまった。茶畑はこれから冬を迎える。

10月になって、また再び台風が紀伊半島に近づいている。前回の21号は多大な被害をもたらした。

地球温暖化が原因で異常気象が起こるのだと力説する人も多い。数十年後には平均気温が2度ほど上昇するともいう。私たちにとってはたったの2度であるが、台風にしたら凄く嬉しい2度なのだろう。これからも頻繁に台風は来ることになるだろう。

縄文時代の人々は北へ北へとのぼって、現代人からすれば幾分寒いかなと思われるような、例えば東北地域などに、多くが住んだ。疫病の発生から逃れて、保存可能な食物を求めての移動だったのだろう。自然に逆らわず生きるひとつの姿である。

私たちは、自然を捻じ曲げて且つ自然に逆らって生きようとしている。勝てるのだろうか・・・・。

« おはよう | トップページ | 大根食いたし寒露かな »

【裏窓から】」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10 月8 日号 寒露篇:

« おはよう | トップページ | 大根食いたし寒露かな »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト