« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月30日 (木曜日)

おはよう

台風は、私の住む地域を深夜に去りました。
雨が凄かったです。
あちこちで浸水や土砂災害が発生しています。
お見舞い申し上げます。

人間が、わがままにも自分たちの好きなように住まいや環境に手を入れて変えてしまっていることのツケがまわってきているのだと思います。
ここまで打ちひしがれても、まだ知恵で解決できると思っているから、えらいというかアホらしいというか。

2004年9月28日 (火曜日)

せつない…ってどんなだろう

「せつない」ってどんな気持ちを言うんだろう。

話題の浅田次郎ですが、せつない…とみんなが言う。

私も読むしかないな。

2004年9月25日 (土曜日)

昨日のカミナリ

おはよう。

昨日のカミナリと豪雨は凄かったね。
ちょうどお墓参りに向かう途中で、昼食を取るためにびっくりドンキーに入った時にクライマックスでした。
窓の外を大粒の雨がボタボタと落ちてきて、植栽の枝も折れてしまうんじゃないかと思えるほどでした。

お店を出るころには雨はやんでいたが、今度は駐車場が池になってる。
幸運にもやや傾斜地だったので、後輪タイヤのゴムの半分ほどが浸かっている。ドアの部分は波打ち際になっていて、ちゃぷちゃぷと音を立てて波が打ち寄せてきている。
でっかい駐車場なので、向こうのほうを車が走ると波が押し寄せてくる。何だか海辺で遊んでいるようだった。

ヘンな天気になってくれたもんだな。
せっかく3連休にしたのに、晴れるのは日曜日だけかな。

2004年9月24日 (金曜日)

浅田次郎の話題が出てます

e-デモ会議室というところを始めたことは前に書き留めた。
私の好きな宮本輝さんファンはまだ現れないが、浅田次郎ファンは居ました。
さあ、話は盛り上がるかな。

2004年9月23日 (木曜日)

9 月23 日号 秋分篇

月が満ち始めている。その月を見上げるために外に出ると夜風が涼しい。耳を済ませると虫の声が聞こえる。

日が暮れるのが早くなって、仕事を終えて車に乗る頃はやや暗みが増している。朝にヘッドライトをつけなくてはならないほどではないものの、冬に向かっていることは確かです。

やれやれこれで暑い夏も終わってくれたなあ、というのが私の実感です。寒い冬にはあれはあれなりの苦労があるのだが、目覚めの苦労が私にはないので、冬は過ごしやすい季節といえる。つまり寒くても起きるのが苦にならない私にしたら、暑くて寝苦しい夏よりも遥に快適なわけです。

光化学スモッグの監視体制が終わりました。今年は初めの段階で頻出傾向が出たので焦り、また心配もしましたが、夏が過ぎてゆくと台風が来て空は綺麗になりました。

2004年9月18日 (土曜日)

文化祭

M高校のそばを夕暮れ時にウォーキングで歩いた。

明日は文化祭。

祭りの前の緊張があり
またそのあとの開放感がある。

彼ら彼女らは、今最高の緊張感の中にいる。
窓の明かりがいつもと違って見えるような気がする。

自分の未来など、そう簡単に見えてたまるか。
燃えることよ。

それが自信につながり、未来を築くのよ。

2004年9月16日 (木曜日)

すっかり秋

昨日の朝は、最高のお天気で、澄み渡る青空に雲ひとつ無かった。
刈り株の広がった秋の田んぼの中を走って職場に向かうのですが、そのあぜ道には真っ赤な彼岸花が咲き揃いました。

御在所岳の頂上が、職場の屋上のカメラからくっきりと映し出せます。トップニュースに挙げてやればよかったかな・・・と後で思ったが、今度、再びいい天気になったら挙げることにするかな。

職場の屋上から眺望

お天気のいい日には、名古屋駅のツインタワー?も御嶽山も見えます。

ええっ?バイク?
台風前に車検に出したままで、ずっとお店に預けっぱなしですな。早く取りに行かねば。。。

2004年9月 7日 (火曜日)

9 月7 日号 白露篇

この季節になると朝露が降りるのだろうか。早起きをして近所を散策するチャンスから少し遠ざかっていることに気付いた。

慌ててというわけではないが、「彼岸花は咲き始めた?」と職場で尋ねてみたら、「もう咲いてるよ」と教えてくださった。あの赤い花を見ると秋の気配を感じ始めます。

本当に秋が来るのだろうか、このまま灼熱の夏を引きずって9月になるのではないだろうか・・・と思う日々をおくりながらも、嵐のあくる日には綺麗な虹も見た。大気は少しずつ秋のものに変化しているのだ。

夏は終わった。そう言っても誤りではなくなった。闘いすんで日が暮れて。まさに言葉のとおりの静けさを感じる。秋深し隣は何をする人ぞ。月並みな言葉だが、その素朴さが心に響く。

2004年9月 2日 (木曜日)

東電OL殺人事件

東電OL殺人事件 佐野真一著 を先日から読み始めています。
イカを見てスルメがわかるか 養老猛著 も(三国志2巻目 吉川英治著も・・)並行して枕もとに置いてあるので読んでいるが、ドキュメントはスイスイと進むので早い。

佐野さんは、宮本常一を書いたモノを読んで以来です。
ドキュメント作家というか、小説ふうのドキュメントに近いね。

刑事モノの社会派推理作品を松本清張さんはたくさん書いてきたけど、アレよりははるかにドキュメントですけど、鎌田慧さんと比べたらアカンわね。
でも読み物として、作者自身の弱さのようなものが出ていて面白い。


佐野さんはいつからこんな小説のようなモノを書くようになったのだろうか。
元々はルポライターだったのでしょうけれど。
宮本常一を書いてたころまでですか。。。

この作品も(小説とは呼べない、ましてルポとは書きたくない)随分と娯楽要素と興味本位を取り入れたモノになっています。

読み物としては、最後まで読ませてくれますし、「事実」に基づいて書かれているとは思いますが、作り話風味の(ときには詩情もまじえた)テレビの二流推理モノの原作のような感じ。映像文化が大手を振って歩き、エロをブレンドすれば売れるだろう(発行部数や視聴率)という気持ちも分からないではないが、ルポと呼ぶには少し…ルポを書く人に失礼です。
| 2006-07-31 15:55 | 読書系セレクション |


よもやま(2) 東電OL殺人事件(佐野眞一)

東電OL殺人事件を読んだ。1997年、東京・渋谷の繁華街から外れた裏通りで、慶応義塾大学出身で東京電力のキャリアの社員だった女性が殺害された事件のその公判を題材にしている佐野眞一さんのルポです。この談話室ができた頃にちょうど夢中で読んでいたのですよ。

私のクラスメートに伊藤君という奴が居て、彼は高校時代に進学先の話をすると、「慶応大学に行きたい、だって壇ふみって素敵じゃないか」とよく言った。結局、奴は早稲田文学部に進むが、慶応は高嶺の花だった。後に私も都心に通い慶応との品格の差を体感した。(渡邊泰子と同い年なので似た時代に学生をしていたことになりますので余計に)

その慶応義塾を母校とする渡邊泰子は、売春婦として渋谷の街を徘徊し、一晩に何名もの客を取り、それも数千円という格安での商売をしていた。ホテル代をケチって、路地裏の駐車場などでやっているところを目撃されていたりする。どうして年収が1千万円もあろうかというキャリアな人がそんなことをしなければいけないのか。

1997年3月、彼女は殺害されて、渋谷のアパートで発見された。マスコミはこの学歴と意外な事実を過剰なまでに報道した。

記憶にある人もあろう。

ひとりの容疑者があがり、後に逮捕され、最初の公判で無罪になる。その過程を、渡邊泰子が側からの情報はまったくないまま、容疑者を調べ、事件を調べ、公判を佐野眞一はくまなく傍聴した。

----

個人的には、例えば鎌田慧や本多勝一のルポとは正反対のルポですが、佐野さんの書き方の問題だから許すとして、まあまあ、面白かった。少し歯がゆいところもあるが。
でも、佐野さんって、宮本常一のことをその前に書いていてすごく気に入っていたのに、ちょっと、小説っぽく、やや減点気味かなというのが総合的な感想です。

坂口安吾の堕落論が引用されています。この引用は刺激的で、私は堕落論を読み返し、考える日が続きました。坂口安吾ときたら、壇一雄・・・・というわけで、私の手が伸びるところは果てしなく拡散して行くのです。(若い世代の人にも堕落論を読んで欲しいな、と思いながら)

こういうときに、ドロンと断ち切らせてくれるのが宮本輝さんで、9月末から「森の中の海」(上・下)を読み始め、台風のさなかに読み終わりました。そのお話はまた別に。

| 2004-10-09 23:58 | 読書系セレクション |

 


佐野眞一が引用した「堕落論」(坂口安吾)

東電OL殺人事件(新潮社・文庫・佐野眞一著)のなかで坂口安吾の堕落論を佐野さんは引用します。さらにその部分を引用すると、
「堕落自体は悪いことに決まっているが、モトデをかけずにホンモノをつかみだすことはできない。表面の奇麗ごとで真実の代償を求めることは無理であり、血を賭け、肉を賭け、真実の悲鳴を賭けねばならぬ。堕落すべき時には、まっとうに、まっさかさまに堕ちねばならぬ。」 (プロローグから・11p)

うーんと唸るばかりです。
「まっとうに」というのにシビレますねぇ。

坂口安吾を卒業研究のテーマにした友人が居て、その話を聞いたとき、私は、「ふーん、そう」で済ませたが、あれは軽率だった。
出身地である新津市に行ってみたい、と切に思う。これまで何度も旅の途中に通過しながら、知らないために通過してきた。出会いとはこんなものだろうけど、自分体内で自己発生した好奇心だからこそ、面白い。

| 2004-10-10 08:42 | 読書系セレクション |

今日、車検代を払いに行ってきます

多分、前回と同じで5万以内で終わると思う。

すっかり過ごしやすくなったので、少し走りに行ってみようかな。
さて、どこがいいだろうか・・・
(ガソリン高騰で悲鳴中)

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ