2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 銀色夏生 | トップページ | 偶然行き着くブログがある »

2004年8月12日 (木曜日)

ツクツクボウシがないている

お盆が近いので、お墓参りに行った。
ツクツクボウシがないている。

母にそのことを話したら、「今年はいつもより早くなきだした、秋も早く来るんだろう」という。

こうして毎年、ひとつずつ歳を重ねてゆくことを、ふと考える。

父が死んで6年半が過ぎた。
今頃になって、私は親不孝な奴だったな、としみじみ思う。

親不孝は遺伝するかもしれない、とも思う。

ツクツクボウシの声を辿りながらお墓の裏山の藪の中に入ってみた。

久しぶりに来た。
娘を誘ったらついて来たので、私の子供のころの遊び場の話をしてやった。

湧き水が染み出ている。あのころは、そんなことで感動したりはしなかった。

きっと、死んだ親父も子供のころにこの山を駆け回ったのだろう。

そんな話は1度もしてくれたこともなかったが、それがわかる歳に、私はなった。

« 銀色夏生 | トップページ | 偶然行き着くブログがある »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/1184261

この記事へのトラックバック一覧です: ツクツクボウシがないている:

« 銀色夏生 | トップページ | 偶然行き着くブログがある »