M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月29日 (日曜日)

読書系 巻頭言

こんな巻頭言を考えてみた。発表は9月1日です。
-----
いつもそばに本が・・・読書系。何よ、それ?

・毎週の新聞記事の読書欄が楽しみな人
・今月の新刊…っていう新聞広告が待ち遠しい人
・私は読書の虫よ。。。
そんな人ばかりを待っているわけではないのです。

国語の試験で出題された文章に感動してしまって、涙が止まらなくて試験問題が解けなかった…
っていう人の話を耳にしたとき、ああ今の世の中でも棄てたもんじゃないな、って思いました。
試験ができることも大事だけど、感動することも大事でしょ?
それが漢詩だったのか、俳句だったのか、小説だったのか、わかりませんけど
私たちの心には、活字を読んで何かを感じるという素晴らしいチカラがあります。

喜・怒・哀・楽、を表す言葉、例えば、「楽しむ」とか「感動する」っていう言葉には、
命令形が存在しないんですよ。
そりゃあ文法上は存在しますけど、「感動しろ」って命令されて感動できますか?

どれだけ科学技術が進化しても、人の心は動かせない。
あなたの「言葉」が、別のあなたの「心」を刺激するところから始まります。
そこには、共感や感動があるのでしょう。

読書系の会議室?ちょっと堅苦しい名前だったかな。
私たちのまわりにある様々な読書から受ける喜怒哀楽をここで綴ってみようと思います。
会議室というよりは、談話室。

だから
いつもそばに本がある。
やすらぎの時間を共に過ごすのです。

お気軽に、何でもお書きください。
(不精な私は、いつもレスを書くとは限りませんけど・・・)

--------------
第2稿目

はじめまして。ねこさん、と申します。
このたび、県民発・読書系会議室を始めました。
お気軽に書き込みをお願いしますね。

一体何をするの?
↓ こんな人、そうじゃない人に、喜怒哀楽、意見、感想など、何でも書いて欲しいな、と思ってます。
(挙げればキリがないのですが、思いつくまま・・・)

・新聞の読書欄、新刊広告欄が待ち遠しい人
・本屋さんをぶらぶらして一日中過ごせる人
・古本屋さんをこよなく愛する人
・図書館に久し振りに行くと読みたい本がたくさんあり過ぎて困ってしまう人
・必ず3冊以上借りてしまう人
・電車に乗ると、カバンの中に本が無いと落ち着かない人
・ケータイを忘れても大丈夫。本を忘れると大丈夫じゃない人。(注:私はケータイを持ってません)
・しばらく無人島に行くとしたら、この本を持っていくんだ!と書名を即答できる人
・旅に出るとき、必ず本を持って行く人
・テレビはなくてもいい。本が無いとソワソワする人
・愛読書がある人。それを10回以上読んだことのある人
・国語の授業は嫌いだった人
・漢字の苦手な人、でも、漢詩の好きな人
・詩や俳句もいいなあと思う人
・小説を読むと必ず泣く人
・小説の舞台に必ず旅に出る人
・文筆業になりたい人、既に文筆業の人
・近頃、ペンを持つことが少なくなったなと思う人、特に万年筆
・観る映画は原作も必ず読む人
・ベストセラーは読まないぞ、と意地を張る人。でもこっそり読むこともある人
・読書感想文を書くのは苦手だった人
・アツクなって語ってしまう人
・好きな作家が何人もいる人。会いに行ったことのある人
・積読(つんどく)という言葉が好きな人
・ちくま文庫を贔屓にする人
・夜更かしをして本を読み切って感動して眠れなくなってそのまま会社(学校)に出かけたことのある人
・とろけるような恋がしてみたい人
・苦い恋の思い出がある人
・短気なくせに、遅れてくる待ち合わせ人を1時間でも2時間でも待てる人
・砂浜を駆けると青春してしまう人
・ここまで熱心に読んでくれた人
・該当する項目がほとんど(まったく)無かった人
・読書のキライな人

2004年8月28日 (土曜日)

読書系・その2

いよいよ、会議室を開設する準備が進んでいる。

読書系とひとことで言っても難しい。思いは様々でしょうしね。

私のチカラで何が変わるというわけでもないが、私は本のチカラで結構人生の軌道を修正されてきたと思う。

本好きのいい人に巡り逢いたいなと思っている。

2004年8月25日 (水曜日)

読書系

昨日、eデモ会議室に「いつもそばに本が・・・読書系」という会議室の提案をした。

できる限り早い時期に開始したいと思ってます。

eデモ会議室やeデモジュニア会議室の関連スレッドで、本に関する発言をしてきたけど
会議室をもっと増やそうという意図から、読書系の会議室設立を呼びかけた。

検索キーワード 「eデモ」 で一発です。
よろしかったら皆さんのお声をお聞かせくださいね。

懐かしいお客様

先日、懐かしいお客様がHPに立ち寄ってくれました。

Sたろうさん。

フランスからは帰国したのかな。
とっても懐かしいので、跳びあがって喜んでいました。

昔のログはパスワード付きで保管してます。HP内にあります。
zipでもありますので、必要なら送るよ。

2004年8月23日 (月曜日)

8 月23 日号 処暑篇

別に自然に敏感に生きていようと思ったわけではないが、鈴虫が鳴き稲刈りが始まれば秋を感じる。

汗が噴出すような日も減ったし、たとえ噴出したとしても許してあげることができるほどに余裕が出てきた。それほど暑さが和らいだと言うことでしょう。

その分、台風がやってくる機会が増えて、不安な日々を過ごすこともある。

秋が好きだ。夏の暑さから開放される秋のこの身軽になって行くような錯覚がたまらなく好きです。

私が秋生まれだからそのように思うのだ、とうちのんは言う。

光化学スモッグの予測を毎日の仕事にしている立場としては、風が吹いて雨が降ってくれると安堵の一日を送ることができる.。

本当は風のないカンカン照りの日も安心できるような大気が欲しい。

車が半分に減ったら間違いないのだが…。

2004年8月21日 (土曜日)

やっぱしバイクが好きなんだよ

稲刈りが始まって、いよいよ秋が近いことを知らされる。
あの田んぼの匂いを嗅ぐと、あても無く走り出したくなる。

免許を取って30年を越えてしまうが、いつもバイクがそばにあった。
失恋をしたときも、実ったときも、私はバイクに乗って
お気に入りの景色のなかに自分を放り込んで、ひとりで酔いしれていた。

今月下旬には車検をします。
4度目の車検になるのか。
何処も悪くないので、前回同様5万円ほどだろうと思う。
光軸もいつの間にか直っているし・・・。

それが終わったら、2泊くらいの旅に出ようかな。
行くところは、もちろん四国よ。

2004年8月20日 (金曜日)

横レスを嫌がる文化

最近、Kさんという方から聞いた話。
-----
小学生の友達同士で、Aさん、Bさん、Cさんが居る。

AさんとBさんは友達。
BさんとCさんも友達。
AさんとCさん友達じゃない。

Aさん、Bさん、Cさんでどこかに遊びに行こうとします。
しかし、突然Bさんが風邪をひいてしまう。

こんなときに、AさんとCさんは、一緒に遊びに行かない。


これが今の文化なんだそうです。
失礼にあたるらしい。
AさんがCさんに直接話しかけるのも、遊びに誘うのもNGらしい。
-----

これはBBSのコメントでも同じで、
発言主にコメントした人に勝手に話しかけるのを嫌ってみたり
話しかけている行為を、いけない行為とみなす文化
がありますね。

神経質ということもできるし、個人主義の誤り解釈文化ともいえそう。
閉鎖性と開放性を混乱させているようにも思う。

どこか、何か、取り違えているように思う。

しかし、こういう人たちに、「横レスをもっとやろう」なんて言えば、理解できない人扱いされるだろう。
ネット社会の病的部分はここにあるのになー。

2004年8月18日 (水曜日)

秋になったらオフ会ツーリングでも

大文字のあくる日には雨が降って、
それもなかなか烈しい夕立のような雨のときもあって、
私は東山の坂本竜馬の墓があるあたりで立ち往生していたのですよ。
雨がやむとまた突き刺さるように日差しが蘇えってくる。

ツーリングをしていると、こんな変な天気のときに出逢うことがあるのよ、
と一緒に居る娘に話をしながら、公園の東屋で時の過ぎるのを待っていた。

秋になったら、オフ会しようかな、とぼんやり考えてみたけど、
10月23日、24日は神島に行くつもりで計画が進んでいるから、
それ以外の日だね。

四国に行くなら、11月がいいかな。

2004年8月17日 (火曜日)

今日は東山を歩いてみた(雨)

変わらないのは、
朝の6時前に嵐電の一番電車がガタンゴトンと音を立てて
枕元のすぐ先を走りすぎてゆくことだ。

8月17日
三条河原町から知恩院を経て清水道まで歩いた。

京都は確実に変化している。
良いか、悪いか。

---

そうそう、帰りの電車の中で「本を読む女」を林真理子を読み終わった。

2004年8月16日 (月曜日)

大文字

1年に何度か、こうして実家に帰ってくるのだが
街が少しずつ変化して行くのがとても寂しい。

大文字は、毎年のように見える。
その姿、形はいつもと同じ。
でも、
それを邪魔するようにビルが建ち、明かりが増えている。

家のほとりを流れる有栖川の水は、変色してしまった。
三条通りに行ってみる。
車の流れはさほど変わらないものの
高層マンションが建ち、コンビニが増えてきている。
ふじわらつづみに出てみたけど、河原が汚くなったような気もする。

2004年8月15日 (日曜日)

林真理子著「本を読む女」

林真理子さんは読んだことがなかった。
なかなかしっかりした文章で始まったので、この作品はずるずると読み始めています。

養老猛の「スルメを見て イカがわかるか」
松本清張の「黒の福音」
を同時に読み進んでいるのでどれが最初に読み終えられるかは不明です。

けど、
林真理子は、なかなか、林扶美子の放浪記のようなタッチで、直木賞作品もぜひ、この後には読んでみようと思ってます。

さて、明日は大文字。

パティオ

「パティオ」というカテゴリを作ってみた。試行錯誤だけどね。

結構、気がコロコロと変わるほうですから
またそのうち模様替えをしているかもしれないけど

何か、パティオ系の話などを書いて行きたいと思っています。

面白い情報があったらくださいませ。

(BikeTouring・BogBand・Books)

2004年8月13日 (金曜日)

偶然行き着くブログがある

不思議なもので何の意識もしていないのに偶然見つけてしまうブログがある。風花さんという方が書いてらっしゃるのですが、メールを差し上げるのも恥ずかしいし、コメントも特に気のきいたモノができるわけでもない。トラックバックって何なのかちっとも分かっていないので、コレは論外。

偶然の行き当たりばったりで見つけてしまったブログなのにもかかわらず、読み出すとぐいぐいと読んでしまう。不思議な波動が伝わってくる。もしかしたら、同じような視点を持っているのかとも思ってみた。でも、そんなわけは無いらしい。同じであったとして、やっぱし私は違ったほうが面白いようにも思うので、せっかく見つけたんだから、違っていてもかまわないとも思いながら時々読ませてもらっている。

どうして、このブログに安らぎを感じるのだろうと、やけに気に掛かって考え込んでいる自分が、子どものようで可愛い。そう自分で褒めてみても、答えは出ない。

ところが、頬が落ちるほどニヤケてしまったことがあった。このかたのブログと私のブログのタイトル背景色が同じような色だったのですよ。なんだ、それだけのこと…と言われそうですけど。変に嬉しい。

2004年8月12日 (木曜日)

ツクツクボウシがないている

お盆が近いので、お墓参りに行った。
ツクツクボウシがないている。

母にそのことを話したら、「今年はいつもより早くなきだした、秋も早く来るんだろう」という。

こうして毎年、ひとつずつ歳を重ねてゆくことを、ふと考える。

父が死んで6年半が過ぎた。
今頃になって、私は親不孝な奴だったな、としみじみ思う。

親不孝は遺伝するかもしれない、とも思う。

ツクツクボウシの声を辿りながらお墓の裏山の藪の中に入ってみた。

久しぶりに来た。
娘を誘ったらついて来たので、私の子供のころの遊び場の話をしてやった。

湧き水が染み出ている。あのころは、そんなことで感動したりはしなかった。

きっと、死んだ親父も子供のころにこの山を駆け回ったのだろう。

そんな話は1度もしてくれたこともなかったが、それがわかる歳に、私はなった。

2004年8月 9日 (月曜日)

銀色夏生

「散リユクユウベ」(銀色夏生)という詩集を、あの子は私のもとに残していった。

ある日、ツーリングバックに1冊の本を持っていて、
「どうしたのコレ」と質問をしても、
「ただ何となく」と答えただけだった。

2人で二度目の旅をしたときだった。
「あげるよ」と言ってその本を私にくれた。
何を思ってこんな詩集を買ったのか、私にはいまだにわからない。

あの子は、私たちの運命を予感していたのだろうか。

詩集のように、酔いしれた日々もあったのに・・・

2004年8月 8日 (日曜日)

宮本輝さん

また少し活字の中毒が出てきた。こんなときは宮本輝さんの力を借りるのが1番いい。

岩波などの新書を読んでみたり、直木賞モノを読んだりしていると、少し、心のどこかが枯れたような錯覚に陥る。そんなときに本屋をぶらぶらとすると、間違いなく輝さんの作品を買ってしまう。

どうしてなんだろう。

浸りきってゆく自分がわかる。いけないけないと思いながら、明らかに溺れているのだけど、助けを求めずに、瀕死を味わいながら読み続ける。

じわっと湧き上がる感動と、生きる勇気のようなものを噛み締めながら、私は哲学者になったように考える人になってしまうこともある。

さあ、今度はどの作品にするかな・・・(悩んでます)

2004年8月 7日 (土曜日)

立秋ですね

お盆をもうすぐに控えて、今日から秋。
まき水をしても、幾分、風にそよぐ涼しさを感じますかね。でも、さっき洗濯物を干しに庭に出たら汗が吹き出たけど。

待宵草が一斉に黄色い花を咲かせ始めたなあ。

信州から東北へと旅を続けたその昔、静かな山間の峠道で、あの黄色い花に出逢った時の感動を思い出します。
ずっと、名前が分からず、道ばたのじいちゃんやばあちゃんに尋ねるとみんなが
「月見草に決まってるべ」
と教えてくれたな。

黄色い花が、暮れゆく夏にはとてもよく似合う。

8 月7 日号 立秋篇

早いもので暦の上では今日から秋になります。そう思うと庭先を吹く風もそよそよとしているように思う。いや、そう思いたいが、さっき洗濯を干しに庭に出たら汗が吹き出た。

この2週間で何が変わったかな。

待宵草が一斉に黄色い花を咲かせ始めたこと。稲穂が出て、ところにより少し黄色く色づいていること。イチジクが大きな実をつけているぞ。かぼちゃやスイカも大きくなってきた。

私は夏が嫌いだと言っているけど、うだる暑さに嫌気がさすだけで、果物は美味しくなってくるし、そうでもないのかな。

ヒグラシがカナカナカナと鳴いている。

まだまだ暑いけど日差しに突き刺さるような切れ味がなくなってきた。残暑御見舞い…と書きながら、少し心に余裕が見えている。あと半月の残暑を楽しもうじゃないか。

8 月7 日号 立秋篇

早いもので暦の上では今日から秋になります。

そう思うと庭先を吹く風もそよそよとしているように思う。いや、そう思いたいが、さっき洗濯を干しに庭に出たら汗が吹き出た。

この2週間で何が変わったかな。

待宵草が一斉に黄色い花を咲かせ始めたこと。稲穂が出て、ところにより少し黄色く色づいていること。イチジクが大きな実をつけているぞ。かぼちゃやスイカも大きくなってきた。

私は夏が嫌いだと言っているけど、うだる暑さに嫌気がさすだけで、果物は美味しくなってくるし、そうでもないのかな。

ヒグラシがカナカナカナと鳴いている。

まだまだ暑いけど日差しに突き刺さるような切れ味がなくなってきた。残暑御見舞い…と書きながら、少し心に余裕が見えている。あと半月の残暑を楽しもうじゃないか。

2004年8月 5日 (木曜日)

京都・嵯峨・おいで家

「おいで家」という店に行った。
京都嵯峨の嵐電の車折神社の駅の近くです。

お昼の定職を食べたのですが、美味しかったので、今度は大文字の頃にもう一度、連れ合いも誘って少しお酒でも…と思っている。

質素で、こじんまりした素敵な店でした。お味はナカナカ、工夫をしているのが分かる。いいなあ、こんな素敵な店をやってみたいな、なんて思ったわ。とっておきの友人を誘って飲みに行きたいね。

住み慣れた街なので、ぶらぶらしても疲れない。でも、離れて10年以上になるんだな。
少しずつ変化して行くのが寂しい気もするけど、こうして帰れるところがあるのはいいものよ。

大文字は、我が家(実家)屋上で眺めます。東山の「大」と鳥居が見えます。

2004年8月 3日 (火曜日)

真っ赤な太陽

台風10号が熊野灘沖の太平洋に向かって西にゆっくりと進んでいた先週末、真っ赤な太陽を見た。あれほど赤く燃えた太陽を久しぶりに見たことの感動もあり、また、その周辺に夕焼けがほとんどなかったこともあって、赤さと大きさが一層きわだって見えた。

太陽を見ると勇気がわく人、情熱をみなぎらせる人など様々だろう。ひとときの心理よっては、過去の悲しい思い出のこともある。

もう一度だけでいい、一目でもいい、逢いたい人がいる。
あの人も同じ真っ赤な太陽を見ただろうか。

今、私がどんなステータスなのかを占っているような夕暮れだった。

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30