« やっぱしバイクが好きなんだよ | トップページ | 懐かしいお客様 »

2004年8月23日 (月曜日)

8 月23 日号 処暑篇

別に自然に敏感に生きていようと思ったわけではないが、鈴虫が鳴き稲刈りが始まれば秋を感じる。

汗が噴出すような日も減ったし、たとえ噴出したとしても許してあげることができるほどに余裕が出てきた。それほど暑さが和らいだと言うことでしょう。

その分、台風がやってくる機会が増えて、不安な日々を過ごすこともある。

秋が好きだ。夏の暑さから開放される秋のこの身軽になって行くような錯覚がたまらなく好きです。

私が秋生まれだからそのように思うのだ、とうちのんは言う。

光化学スモッグの予測を毎日の仕事にしている立場としては、風が吹いて雨が降ってくれると安堵の一日を送ることができる.。

本当は風のないカンカン照りの日も安心できるような大気が欲しい。

車が半分に減ったら間違いないのだが…。

« やっぱしバイクが好きなんだよ | トップページ | 懐かしいお客様 »

【裏窓から】 」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/44914897

この記事へのトラックバック一覧です: 8 月23 日号 処暑篇:

« やっぱしバイクが好きなんだよ | トップページ | 懐かしいお客様 »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ