フォトギャラリー(令和2)

  • 恭くん誕生日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 5 月21 日号 小満篇 | トップページ | 6月21日号 夏至篇 »

2004年6月 5日 (土曜日)

6月5日号 芒種篇

勢和村のあじさいの道を訪ねた。というか、偶然に傍を通り素敵な散歩道が目に留まったので足を踏み入れたのです。

 

立梅用水という歴史のある水路沿いにあじさいの花が植え込まれていて,散歩道の脇の樹木には名称の札が掛けてある。手間の掛かる作業だっただろうが、通りゆく人はこのご苦労のお蔭で自然に親しみを持ち、やがてそれが自然の姿になってゆくのであれば,甲斐もあろう。

 

子どものころに親しんだ生き物がごく普通にいるだけのように私には見えるのだが、ここに絶滅の危機に瀕するメダカなどもいる。資本と言う文明が切り棄てた自然という貴重品は、大きくかけ離れてしまった時空のうえで動いているのではないかと思う。つまり、大局的に幸福を見極めることの出来なかった人々が、ある日突然、都合よくも格好をつけて自然保護の運動などをしても、報われるのだろうか。

 

この自然保護はホンモノだと思うものの、まだまだ環境に目を向けようとする人口が少ないことや人々を惹き付けられない無力を思うとじれったい。

 

そんなことを考えながら歩いていると、足元に蜥蜴が飛び出して私を驚かせて茂みに消えた。ハッとした拍子に大きく息を呑んだ。深呼吸をしたら草の匂いがした。子どものころの、あの匂いだった。

 

 

« 5 月21 日号 小満篇 | トップページ | 6月21日号 夏至篇 »

【裏窓から】」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月5日号 芒種篇:

« 5 月21 日号 小満篇 | トップページ | 6月21日号 夏至篇 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト