2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 5月5日号 立夏篇 | トップページ | 6月5日号 芒種篇 »

2004年5月21日 (金曜日)

5 月21 日号 小満篇

あじさいが花を咲かせるために花弁の準備をしている。その緑の葉っぱの上で青蛙が精一杯大きな声で啼いているの見つけた。

黄金週間が過ぎて光化学緊急時監視体制となったと思えば、とたんに涼しい日やジメジメした日が続いて、オマケに小満を迎えようとする夜には台風2号が太平洋岸を通過してゆくなど、梅雨を思わせるような空模様が続いている。水不足に悩むことが多い地域の農家では、豪雨にならずに雨が降り続いてくれると、それは恵みの雨となる。溜め池が満水になってホッとする安堵感は、その人たちにだけしか分からない気持ちだろう。

小満とは、陽気が良くなって万物が成長し始める節季をいうらしい。緑が芽吹き、お茶の摘み取りも盛んになってきた。私の子どものころは養蚕が盛んだったので、桑の葉を摘んで小屋の中の棚の蚕に与えているを、友達の家などでよく見かけたものだ。授産場の中は、嫌な匂いではないが独特の臭みがあって生温かい空気に包まれている。蚕がサクサクと桑の葉を食べている音がした。

すっかり野山の姿も30年ほどの間に姿を変えてしまった。水田は、台風を避けて早期に収穫するために早植えになって、れんげ畑が姿を消し、麦畑と隣り合わせで並んでいたりする。トマトやきゅうり、かぼちゃ、ジャガイモなど夏が旬の野菜畑も減った。たまに畑作業をしている人の姿を見かけると随分なお爺さんや婆さんであったりする。

私たちの環境を守るためには、理屈抜きで、人は土に還るのが一番の近道だと思うのだが…

ふるさとの沼のにほいや蛇苺  はてさて誰の句だったか…思い出せない。

« 5月5日号 立夏篇 | トップページ | 6月5日号 芒種篇 »

【裏窓から】 」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/44914848

この記事へのトラックバック一覧です: 5 月21 日号 小満篇:

« 5月5日号 立夏篇 | トップページ | 6月5日号 芒種篇 »