M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 2月4日号 立春篇 | トップページ | 2004年をはじめよう。3月27日~28日 »

2004年2月21日 (土曜日)

春 3篇

春 3篇

▼春の坂道 山岡荘八著

滝坂道は、春がいい。しんと静まり返って藪に鳥が囀るのを聞きながら石畳をこつこつと歩いてみる。石切峠を過ぎると谷が開け、人家の気配が漂う。柳生の里も間近だ。

水が湧き出るのを見つけた。ふきのとうや土筆もある。宗矩、十兵衛はもとより、沢庵も武蔵も駆けたこの古道に時代を超えた高鳴りを感じる。

「春」がつく題名の書物を3冊、思いつくまま挙げてみます。(続)

▼春の夢 宮本輝著

昔のこと、仕事を終えて難波から近鉄特急に乗りました。隣席に若い女性が1人座って文庫本を読んでいました.一方で私は仕事の疲れもあり缶ビールを飲みながらぼんやりとしていたと思います。

ふとした事で彼女の本の1行を盗み読みしてしまいます。それが宮本輝さんの文章だったので驚きと歓びで、「それ宮本輝ですよね」と声を掛けてしまった。「ええっ…」と彼女。口には出さず、意は通じ、名も聞かず。

▼春の城 阿川弘之著

1977年6月27日と文庫本の裏表紙に書いてある。阿川弘之の他に原民喜、椎名麟三、武田泰淳、石川達三などを読み漁っていた頃だ。古本屋を見つけると必ず立ち寄り、というか母校の前は古本屋街なので、毎日、50円か100円の本を2,3冊買っては、講義に出るのを御座なりにして下宿に帰った。

1年で400冊ほどの本が四畳半に増えてゆく。あれから何度も引越しをするたびに箱に詰められて運ばれてきた1冊ですっかり日焼けしてしまっている。

[2004年(平成16年)2月21日]

« 2月4日号 立春篇 | トップページ | 2004年をはじめよう。3月27日~28日 »

【随想帖 秘】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/43952562

この記事へのトラックバック一覧です: 春 3篇:

« 2月4日号 立春篇 | トップページ | 2004年をはじめよう。3月27日~28日 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31