M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« バードウォッチング <2004年1月中旬号> | トップページ | 立春 »

2004年1月25日 (日曜日)

長崎ぶらぶら節 <2004年1月下旬号>

本屋にひょいと入る。時には暇つぶしのこともある。そこが古本屋のこともある。

良い古本屋は、さらに落ち着く。 本の並べ方を考えてみる。新刊本の店と古本屋との本の陳列方法は同じであってはいけない。新刊本の店にはそれなりの陳列作法があり、古本屋には古本屋の流儀があるのだ。

おバカな店主が本屋をするとこれが乱れる。下手な演奏でダンスを踊るように、本屋での探し物や掘り出し物あさりがつまらないモノになってしまう。

おバカな本屋ばかりがある私の住む町近辺で、1軒だけわりとまともな本屋がありまして、こちらで本を探していると、店主の本に対する気持ちも伝わってきて、本探しもトントンと行きます。

先日のことですが、あれも欲しい、いやこれは今度にしよう、と悩んでいる私が衝動買いをした1冊があって、それは、なかにし礼著:「長崎ぶらぶら節」でした。

長崎ぶらぶら節、文春文庫185ページから;

「人間の声は化粧もできんし、衣装も着せられん。しかし歌う時とか芝居をする時、または嘘をつく時、人の声は化粧もすれば変装もする。この時に品性が出るもんたい。上手に歌おう、いい人に思われよう、喝采を博そう、そういう邪念が歌から品を奪う。」

もちろん、ここだけ読んでもわからない。でも、全部を読めば引用した私の気持ちもわかりましょう。

林扶美子の「放浪記」を読み終わったときと似た感動がありました。中身やジャンルはまったく違いますが、時々、朗読をしてしまいたくなるような小説です。

しっかりしたモチーフと主題のもとで、どうしたら読み手がのめり込んで自分の文章に酔いしれてくれるだろうかと、思案をしながら書いている。いやそれが天性でできている小説でしょうか。

現代風の作品を何冊か読んだ後には、夢の中で彷徨うような快感があります。

« バードウォッチング <2004年1月中旬号> | トップページ | 立春 »

【随想帖 秘】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/43716603

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎ぶらぶら節 <2004年1月下旬号>:

« バードウォッチング <2004年1月中旬号> | トップページ | 立春 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31