« ひとり(ソロ) 〔2月下旬号〕 | トップページ | 前略、ご無沙汰 Mさんへの手紙 »

2003年2月28日 (金曜日)

上を向いて 〔2月号外〕

上を向いて

▼上を向いて歩こうという歌がある。涙がこぼれないように~と歌う。とりわけ泣き虫な私にしたらとても不思議な歌で、上を向いても涙が眼窩から溢れ出ないことなどは実際にほとんど有り得ない話なのです。だから、涙が流れるのを見つからないようにしてそっと泣こういう意味が隠されているのかなとずっと今まで思っていた。

しかしながら、今ごろになって何を言ってるのと叱られそうだが、つまり、これは上を向いて素直に涙を流してやろう、隠さなくてもいいじゃないか、涙が頬を伝って流れ落ちるのをそっと拭き取ってやろう、という歌だったのだ。

▼今、涙はこぼれていないが、少し空を見上げてみることにしよう。木枯らしが空中の塵を洗いざらい吹き飛ばしてしまったような澄み切った真冬の青空ではなく、花粉や黄砂をたくさん含んだ穏やかな黄色みがかった空である。不思議なことにこういう気候になると黄色い菜の花が良く似合う。先ごろまで大根や春菊を栽培していた畑が、殺伐としたこげ茶色の地肌を残したままになっている隣で、勢い良く花を咲かせているのが菜の花である。決して美しい花ではないが、作家の司馬遼太郎さんも好んだという花です。

▼久しぶりに空をこうして見上げていると、ひばりが天高くさえずるのに出会います。「さえずる」という字は「囀る」と書き、英語ではChatという。なじみのある英語なのでことさら可笑しいように思う。子どものころ、母に連れられて春の畑に行けば必ず「ルリルリが啼いている」とひばりのいる空を指差して言ったという。そのさえずりが本当に「ルリルリ」と聞こえる。そして、天高くという形容がこれほどまでに似合うものかと思わせるほど高くを飛んでいる。空にはひばりが1羽だけ飛んでいるだけで、啼声もひとつしか聞こえない。

▼こんな穏やかな大気の中を花粉が飛んでいる。アレルギーの皆さんには全然穏やかではない空なのだ。人が自然に過剰反応するようになったのか、自然が人に警告を発しているのか、そのあたりは定かではないものの、地球が少しずつ変化をしているということだろう。地球という大きな自然現象がこのように目に見えて変化しているのだから、人の心という心理現象もまったく違った位相で変化しているのだとも言える。人間の知恵やテクノロジーがこれに必死に抵抗しようとしているのが滑稽にも思える。運動エネルギー保存の法則と相対性理論とマクセルの電磁方程式があれば、なんでも解決できると信じてきた私たちは、大きな壁に直面している。ほんとうに人の心には適用できないのだろうか。

▼まだまだ風は冷たい。冬が終わったら春が来る。梅が咲く。香りを求めて梅林を訪ねたことがあった。そこには近代的コンロを持ちこんで焼肉バーベキューをする人たちが群がっていて、肉を焼く煙が谷を漂い、梅の香りなど微塵もなかった。何年か未来にはこの梅たちが花粉を飛ばし人が近寄るのを防御するときが来るかもしれない。梅などどうでもいい人たちの姿を見て英知の裏面を見た思いがした。

« ひとり(ソロ) 〔2月下旬号〕 | トップページ | 前略、ご無沙汰 Mさんへの手紙 »

【随想帖 秘】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/43912671

この記事へのトラックバック一覧です: 上を向いて 〔2月号外〕:

« ひとり(ソロ) 〔2月下旬号〕 | トップページ | 前略、ご無沙汰 Mさんへの手紙 »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ