« 2002年1月 | トップページ | 2002年3月 »

2002年2月27日 (水曜日)

競う <2月下旬号>

銀マド 登録日時 :02/02/27 22:54


▽冬季オリンピックが終わって新聞が少し落ち着いてくれるかなと思う。何故なら、競うということに私は関心がないので、誰が1位になったかとか高得点だったかということに注目する意思が全くなく、当然のことながら金メダルが誰であろうがどこの国であろうが関心がなかったので、新聞記事が面白くなかったのよ。

▽人が人を追い抜いて前に出るという概念がどうしても馴染まないのです。もちろんこんな変人は希少で、オリンピックの映像を1分も見なかったといったら信じない人が多かった。

▽だから、オリンピックの記事が新聞紙上を埋める時や、プロ野球、ワールドカップ、相撲…など、新聞紙面をある期間、独占してしまう時は「うんざり感」で満たされる。ゴミの紙切れが配布されてくるのだから購読を中止してもいいほど苦痛であった。

▽反論はあるだろうし、反論さえ出ないで呆れている人があるでしょうね。でも、私は「競う」ということに余り執着しないです。しかし、勝ち負けが嫌いかというとそうではなく、不必要に優劣をつけることが嫌いのようです。不必要という言葉に人それぞれの考え方があると思いますけどね。

▽確かに人々はギリシャ文明以前から競うということに熾烈な感情を燃やし続けてきた。だから、とても大事であると思う。そのおかげでに文明が発達し、産業革命が起こったのだろうし。

▽ただ、オリンピックのメダルはなんだか変ですよね。頑張ったご褒美に差し上げるんだったら、みんな金メダルでいいはずだし、賞状でもいいはずです。記録タイムが10秒だったら「10秒賞」10.5秒だったら「10.5秒賞」でいいはずなんだけどな。

▽じゃあ、おまえは競争をしないのか、負けてもいいのか、と問われると困るんですよね。A君とB君が隣どうしでパン屋さんを始めたらお客さんは美味しい、安いなどを求めてどちらかの店を選択します。これ即ち、店と店の競争なんですね。競争して切磋琢磨されると思います。これは大いに歓迎ですが、始まりの頃の趣旨と、どこかの時点でかけ離れていくような気がするのです。負けたほうは価値がなく個性もない、存在の意味がない…というような風潮が生まれたり、勝てばそれでいい、勝つという結果が大事であるのだというような催眠術にかかったような錯覚。そこにマネーが群がったりします。群がるマネーも低レベルですね。

▽切磋琢磨だったはずでしょ。お互いが競争してそれぞれの存在価値を認め合って、競争が終了したら2倍の価値(個性)がそこに残ることが大事だと思うのです。勝負の最中に、プロセスを無意味であると誤認してしまうことが嫌いなんだろうと思います。

▽「でも、競争に勝たねば生き残れないのよ。死ぬしかないの」とうちのんは言います。「だったら勝つために価格破壊が発生して社会が理念を失ってしまってもいいのか…と思わないか」と質問しても受け付けない。自由主義社会という言葉を盾に私の反論など反論とみなさないのだから。

▽私の負け。議論は私の負けなんだろうと思います。(昔、どっかで書いたかもしれないけど) しかし、自動車が200万円で売っているとしましょう。社会経済理論にのっとり需要と供給でバランスが取れるところに落ち着くのが正しいのかな。自動車が私たちの地球の環境に良い意味でも悪い意味でも影響を与えるならば、そのためにこの自動車の価値を250万として、絶対的なものを提示することも必要なんじゃないだろうか。(現実にはそんなことは無理だとも思うけどね。)

▽企業が利益のために様々な図式や理論を駆使する。消費者が自分の欲のために低価格や高品質をあさる…。その挙げ句の果てがデフレ現象でしょう。せめて「私だけが得したらいい」という意識を取り去らねば、経済の平和は来ないような気がする。

▽おっと、オリンピックのメダルの話はどこに行ったのだ!

(脱線修復)

▽メダルの価値に「欲」(個人欲・国欲など)を群がらせた茶番劇は終わった。「競うということは、元来、もっと美的であったはずだ」ということがいいたかったのですが…。

2002年2月21日 (木曜日)

私は平気

2002年2月21日

花粉がそろそろ舞っているようです。

私は平気。

ある新聞社のWEBサイトに求人募集がありました。

アップロードの日付けは半年ほど前のものでしたので

おそらく消し忘れではないかと思いました。

しかし、こちらはそうも言うておれない状態です。

募集年齢も35歳までとなっていましたが、承知の上で

履歴書を送ることにしました。

事前に電話をすると断られるかもしれないので、

電話をせずに、封筒に履歴書を入れて手紙を添えました。

・募集は終了しているかもしれないけど応募すること

・年齢が要件の合致しないが、検討して欲しいこと

・以前に受けて不採用となって悔しいので、もう一度受けること

そんなことを、下手くそな文章で書くなぐって出しました。

そしたら、数日後に電話があって、

・お給料が少ないこと

・希望してる部署以外の仕事はダメなのか

という問い合わせがありました。

ただただ、会わせて欲しい、とだけを強調しました。

会わねば何も分からないからです。

そういうわけで、2月の19日に会社を訪問ができることになりました。

次の日には現場も見学できました。

私が応募を出さなければ、人材採用などおよそ考えていなかったのかも

しれませんのに、押しかけていきましたら会ってくださると言う。

すぐに利益につながる人間ではないことは、明らかですが

ひとつの目標を掲げて、それに向かってやらせてもらえると言う。

どんな返事をもらえるかは全く不明ですが、新しい人生(それを

今の会社の人事部長は第三の人生と言ってましたが)に上手く

乗りたいものです。

祈ってください。

2002年2月20日 (水曜日)

雀はなぜ、電線から落ちないのですか?

質問:雀はなぜ、電線から落ちないのですか?

答え:落ちそうになったら、飛べばいいから…

---

私は、この問答が大好きである。どんなに苦しい

状況になってもこの雀の姿勢が大事なのだと思う。

2月20日。ある新聞社の印刷部を見学した。

輪転機が回り、何百枚/分という新聞を刷り上げる。

ここにいる人たちの一日は、この一瞬で決まる。

そういう緊張感や使命感の中に、すこぶる冷静さを

感じた。

落ちそうになったら飛べばいいと答える雀は絶対に

危なっかしい気配も見せない。冷静である。

2002年2月14日 (木曜日)

ねぶか  <2月中旬続号>

登録日:02/02/14 12:46


ねぶか(葱)買うて枯れ木の中を帰りけり  蕪村

これは有名な蕪村の句で、お好きな人も多いことだと思う。枯れ木の中を歩いている風景も大事なのかもしれないが、私はこの人の心をしみじみと感じてしまう。ひとりで何かを思いながら家路へと歩む。急ぐのかのろのろなのかは分からないが、自分との対話がそこにあるのだと思う。

梅の便りも届くがまだまだ寒い日が繰り返しやってくる。少し寒い日だとおでんが食べたいなと家族の誰かが言い出して、テーブルで土鍋を突っつく。おでんには葱を入れないけど、すき焼きだったら入れますね。でも今年はBSEの影響で自粛の家が多いかな。

初がつおの水揚げのニュースを見た。スーパーでは春の味覚が並んでいる。かつお、ほたるいか、たらの芽、ふき…。

いよいよ、春なんだなと感じる。一年があっという間だったか、長かったか。

人間が時間を感じ取る感覚は、対数的な曲線で表されるという。つまり、年齢を経るほどに感じる時間が短くなる。だから、子供の頃は、長く感じるというわけ。

対数という概念は、薬物投与量-体重値にも適用される。先回に書いたaのゼロ乗がここでも役に立つなー。

お腹の中の赤ちゃんは、時間の長さを無限大に感じている。そして、当然ながら高齢者が感じる時間というのは、ある値に収束する。ゼロにはならないから、いかにも当たっているな、と感じますね。

最近の語録から、関野吉晴さん。

「移動したという達成感が旅の中心じゃない。彼らの考え方やものの見方を学びたかった。彼らの社会は進歩優先の日本とはまったく別だった。」

久々に気持ちのいいニュースに出会えた。

2002年2月11日 (月曜日)

驚く  <2月中旬号>

登録日時 :02/02/11 16:42


子供が2次関数を習っていたのを見て、ふと思いついたのですが、私たちの頭の中には(X)と(Y)と(Z)という座標で表される空間がある。その空間に時間軸(T)を設定すれば、四次元の世界でものごとを考えることが出来る。

人間には喜びや悲しみがあるので、これを(P)という座標にプロットし、美味しいものも食べるので(S)という座標に…などと考えると、何次元でも座標が出来る。こうして多次元で表したものを解析しようというのは大昔からあるが、何故か注目されませんね。

二つのベクトルAとBのお互いの関係を解析処理する時には、空間ベクトルを使う。つまり、距離を求めるなら、D=|A-B|で求まり、それぞれのベクトルを二乗して引き算して平方根を取ってやれば求まる。

こういう話は心理学などでも応用している人がきっとあるでしょうね。

あらら、何が言いたかったんやろ…。数学というのは面白いでしょ、という話は出来ないものか…と思ったのだが。

ある時、「無限大」の話をしてみた。1に1/2を足します。次に1/4を足す。次は1/8、1/16と次々に足すとどんな数字に近づきますか?って聞いたことがあった。

1 + 1/2 + 1/(2^2) + 1/(3^2) + … ってことです。

初めは関心をさほど示さないが、図形で考えてみることにしたら少しわかる。

一辺が  1 cm の 正方形

 〃 1/2 cm の  〃

 〃 1/4 cm の  〃

 〃 1/8 cm の  〃

 〃 1/16 cmの  〃を、並べてみれば分かる…。

2^1=2

2^2=4

2^3=8

2^4=16

ですね。

3^2=9

3^3=27

a^x (aのx乗)と書けば一般式です。

そこで、

2^0=?

3^0=?

4~0=?

って質問すると子供はすぐにだまされる。我が家はお母さんまでだまされてしまったから。Mrマリックさんが、情熱大陸という番組で「人生や世界に魔術や手品は必要ですか?」という問いに「絶対必要ですよ。一番面白いのってそういうことじゃないですか。人間は「驚く」というのがいちばん面白いじゃないですか。」と答えている。

人間は、こういう予想外に驚く。不可思議にも疑問を抱いて、解明されたら驚く。その凄さが芸術的なら感動もともなう。

数学が進んで理学や工学が私たちの知らないことを次から次へと解き明かしてくれる→私たちはどんどん賢くなってゆくような気にさせられ→賢くなった人は簡単には驚かない…という論理も成り立つか。

「どんな数字でも、0乗したら1」になる。昔の数学者があれこれ考え証明したのを思い起こし、子供に簡単に理由を説明しながらも、この数式の意味することを少し推測し理屈付けしてみたら、何だか人生訓みたいで嬉しくなった。子供はそのことを教えられて「驚いた」かどうかは不明ですけど。

M's Zoom

  • 健ちゃん
    M's Days フォト

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ