M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 成人式のころ <2002年1月中旬号> | トップページ | 転 <2002年1月下旬号> »

2002年1月23日 (水曜日)

山頭火  <2002年1月下旬号>

山頭火   02/01/23
---------------------------------------------------
「鉢の子」を久しぶりに手にした。

))笠も漏りだしたか
これは、S5年の暮の句です。

))うしろすがたのしぐれてゆくか
S6年を送る句。

))鉄鉢の中へも霰

そういえば京都に住んでいた頃、あの修行僧が冬の寒い朝に玄関の前で「ウォー」と呼ぶんですよ。知らない人は想像できないでしょうが、山頭火もそういう修行をしたのでしょう。

雪がたくさん積もる地方と違って、京都にしても私の住んでいる地方にしても、暖房が十分にゆき届いていない時代がありました。寒くて生きてゆけない地域は必ず暖炉などが生活の知恵であみ出されますのでしょうけど、辛抱のレベルだった。

だから冬は寒い。ここ二、三日、寒気が来ているようで暖房のない私の部屋は寒いです。しぐれている日はカーテンを開けていてもくらいですね。

))笠へぽつとり椿だった

我が家には椿はない。けど山茶花が咲いています。庭に花びらを落としていまして、その紅色は鮮やかです。雨上がりに箒でかき集める時に、何だか寂寥感が漂います。

この落ち葉を集めて焚き火をして遊べたら少しは楽しいのに…。

火遊びとわからず燃える落ち葉かな ねこ


【銀マド:塵埃秘帖】

« 成人式のころ <2002年1月中旬号> | トップページ | 転 <2002年1月下旬号> »

【随想帖 秘】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/43716646

この記事へのトラックバック一覧です: 山頭火  <2002年1月下旬号>:

« 成人式のころ <2002年1月中旬号> | トップページ | 転 <2002年1月下旬号> »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31