« 山頭火  <2002年1月下旬号> | トップページ | つばき 2月初旬号 »

2002年1月29日 (火曜日)

転 <2002年1月下旬号>

転 02/01/29
---------------------------------------------------
▼手を着かずに後ろ向きに宙返りするのをBACK転と呼ぶが果たしてこれで字は合っているだろうか。ジャニーズ系の若いタレントさんなら難なくやってのけるが、おじさんには相当に難しい。前に回るのを空中回転と呼んで、これなら若い頃だったら出来たけど、運動音痴の私は後転は出来なかった。
▼森末慎二さんがあるTV番組で若い子を指導していたのを見たことがある。とても後ろにひょい!と回れそうにはない子だったが、結局は見事に技を身につける。森末さんが言う。
▼「怖がって眼をつむったら、手を着くところが見えない。しっかり眼を開けて、しっかりと地面を見なさい。」
▼なるほど。怖いので「えいっ!」と後ろに振り返った瞬間には眼を閉じている。手をついて回る前に眼を閉じてしまわない訓練をなさっている。恐怖感を取り除き目を開けたままで後ろに転がってしっかりと「地面を見ろ!」と言うのだ。
▼地面はすぐそこにあり、決して移動しない。つまりこれほど安定したものに手を着くことなど、考えてみたら、なんて簡単なことなんだろう。
▼眼からうろこのような話は他にもあって、自転車に2時間で乗れるように子供を訓練する方法というのを知人に教わったことがある。地面にべったりが足を着くほどサドルを下げて、ペダルを取り去って、両足で自由に歩き、後に足で蹴って走り回らせるだけだと言う。バランスを掴んだ子はペダルが着いた自転車も難なく、昔からのように乗り始めると言うから不思議だ。しかしこれも考えれば当然の理屈だ。
▼起承転結の「転」を迎えた。さあ、どこを見つめるのか。地に足をしっかり着けて、眼を大きく開けねばならない。

【銀マド:塵埃秘帖】

« 山頭火  <2002年1月下旬号> | トップページ | つばき 2月初旬号 »

【随想帖 秘】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/43716634

この記事へのトラックバック一覧です: 転 <2002年1月下旬号>:

« 山頭火  <2002年1月下旬号> | トップページ | つばき 2月初旬号 »

M's Zoom

  • ゆうちゃん
    M's Days フォト

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ