フォトギャラリー(令和2)

  • 餃子
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« poetic <4月中旬号> | トップページ | 丸山千枚田経由で入之波温泉 »

2001年4月15日 (日曜日)

ドラマ <4月中旬号2>

銀マド


登録日時 :01/04/15 21:34


 

(フィクション)

 

三日間、一緒に旅をした女がいた。

一緒に飯を食い、生い立ちを話し

テントの暮らしを共にした。

--私の生まれた街に、いや、村に、今度、案内するよ

 一緒に行こうよ。

本名も年齢も聞かなかったのに

恋人みたいに過ごした日々だった。

三日の旅を終えて分かれた。

何の手がかりも尋ねなかったのに

手紙が舞い込んで、もう一度、二人は

旅を共にする機会を得た。

 

何の打ち合わせもなく、

目指すは、あの時の、あの村。

遠い遠い山の向こうにあって

とても寂しいところだという。

-*--

私はこの話を

ここまで作り上げて

この村をどんな村にするか悩んでしまう。

静かな入り江の奥にある寂れた漁村か。

険しい峠を越えた貧しく鄙びた山村か。

-*--

お互いの痛みを舐めあうような関係に長続きはない。

…そうこう考えていたら

私はハッピーエンドが嫌いなことを思い出した。

意地悪なドラマばかり思いつくから

私にはロマンが巡ってこないのかな。


 

« poetic <4月中旬号> | トップページ | 丸山千枚田経由で入之波温泉 »

【随想帖 秘】」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ <4月中旬号2>:

« poetic <4月中旬号> | トップページ | 丸山千枚田経由で入之波温泉 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト