2018年9月22日 (土曜日)

9月のあれこれ

三連休ですね
ぼちぼち書きます

肉詰めピーマン サンマ6号 オクラ 雨あがり

悠ちゃんマリンランド マリンランド 健ちゃんブランコ 赤福氷 健ちゃんお出かけ

2018年9月20日 (木曜日)

旅とはそもそも

  • ヒッチハイクの旅・・・のこと
  • と続いてきて「その3」です

    旅とはそもそも

    🌱

    未知なところへ行ってみたい

    そういう衝動からくるものでしょう

    心がワクワクしてこそ旅に出る勢いが得られる

    中学時代に北海道の人と文通をしてまして

    その人に二十歳になる前ころに会いに行く

    というのが一つの大きなインセンティブでした

    でも願いは叶わなかったけど

    いっときの流行で中学生(受験生)向け雑誌の巻末などに

    「文通友達募集」などという欄がありまして

    手紙をやり取りする友だちが簡単にできました

    中学二年生ころから定期的に手紙を書く付き合いがある子がありました

    最果ての街・天塩町に住んでいる子でした

    北海道は私にとっては遠くで未知で想像できないようなところでした

    実際にその(文通)友だちに会えるのは

    大学も出てし、結婚もして、

    夫婦二人で北海道にツーリングに出かけた時だったかもしれません

    ぼくの友人たちはぼくを置いて先に勝手に

    その人の街などを旅して、泊めてもらったりして

    家族の人の世話になったりして遊んで帰ってきてましたので

    友だち意識はどっぷりと深かったですが

    永年の音信のあとに出会うというのは

    劇的なものもありました

    旅は未熟な人間の未完成な感覚を刺激します

    逆説的に言えば

    完成されて豊かで何不自由なく暮らし欲望もなく何かを求めようとする衝動などを持たない人に

    激しく突き上がる感動を伴う旅をすることは難しいのかもしれません

    できたとしても

    旅の味付けは全く違ったものになっているでしょう

    私の旅は

    そういう点で

    貧しく 未熟で

    完璧でなく

    無駄も多い旅だったかもしれません

2018年9月17日 (月曜日)

辻原登 抱擁

今朝から辻原登の読後メモを書いたり
なかにし礼の夜の歌を読み返したりしながら
早起きしてまたもう一度うとうとしたりして
午前中を過ごしている

辻原登 抱擁

2018年9月15日 (土曜日)

雨降りに秋刀魚を焼いて秋を食う

秋になってもあなたの正体ナゾのまま

ひそひそと架空の人に物語る

降り出した雨好きも嫌いも木曜日

セプテンバー原色好きなキミの傘

雨降りに秋刀魚を焼いて秋を食う

待ち合わせあれは雨の銀座なり

嫌がられても またかと言われてもサンマ5号

🌱

夢の跡
あなたの書いたその詩集
きらめく言葉の泉のそのむこう
そっと隠した涙の跡がそこにある

🌱

なかにし礼「夜の歌」を読んでいますが
憎悪と嫌悪があふれた
全力で綴った自伝であり
これは遺言でもあるのだ

BOOKs(読書日記)

なかにし礼 夜の歌

綺麗に乗せられなかった餃子 アジの開き サンマ5号

2018年9月 9日 (日曜日)

ヒッチハイクの旅・・・のこと

ヒッチハイクの旅

🌱

ヒッチハイクという旅の移動スタイルがある

もう消えかけている

もちろんそれほど流行ったわけでもない

かつて北海道をヒッチハイクで旅をした

手を挙げて走ってくる車の人に乗せてもらう

今なら危ない

女の子なら余計にできない

あの時代はそういうことが可能だった

おおらかな時代だった

人が人に対して必要以上に敵対心を持っていなかった

友だちになるための敷居を持っていなかったし

疑いもなかった

悪い奴も少なかったのかもしれない

でもほんとうはそんな綺麗なものでもなかったが

みんな泥の中でうまく生きていて

みんな清かったのだと思う

🌱

旅は自由で気まぐれできないなくてはならない

無計画で思いつきで

人任せであっても良い

だから

ヒッチハイクでよかったのだろう

貧乏であった

でもどこかに到達したい

まだ知らないものを知りたい

見たことのないものを見たい

情報なんて何一つない

教えてくれる人もいない

噂があればいい方だ

そこにある宝物を目指そうと

多くの旅人は考えた

🌱

今は・・・

用意周到で完璧に計画を立て資金を調達をし
安全に最後まで旅を続けられる

情報が細かく入手でき綿密に予定も経つ

トラブルは滅多にない

道具も十分に揃っている

訪れるところは調査済みで

感動は筋書き通りなのだろう

それで満足なのかと問いたいが

もともと予期せぬ旅を想定しないのだから

そういう旅は、間違いではないわけだ

バイクと旅をやめたのは

そういったことも理由にあるのかな

🌱

メロン(ひとり生え) ナガノパープル 白露

« 土曜日はたまった写真からはじめる

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ