2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

2018年4月22日 (日曜日)

週末(土曜日)をのんびりと

土曜日をゆっくり過ごす
というわけではないけれど

車を回収するために職場まで歩いて
そのあと
畑の作業をする母と話をして
お米をもらって帰ってきたのでした

今日は日曜日なので
ゆっくりと日記を書こうかなと思います

トンカツ なすびの苗< じゃがいも 八朔 スナップえんどう

2018年4月21日 (土曜日)

四月中旬・穀雨まで

きのうは穀雨
汗ばむような日でした

一週間は淡々と過ぎています
夕方から市内にある二つの職場の親睦会がありまして
ちょっと高級なお料理屋さんでご馳走をいただいてきました

毎日のおゆうはんも それほど変わることもなく
中性脂肪が多めでだったのでやめようと決めたお酒をも
少しは飲んでもええかなという感じで
ちびちびと飲んでおります

それも
少しずつ増えてきて
水割り三杯くらいに落ち着いてきたます

でも少し薄めの味にしたと自分で納得をしております


写真日記から

 ピーマン肉詰め 鯖の味噌煮と筍

2018年4月15日 (日曜日)

和風きのこパスタ(スガキヤ)

アメブロで

というのを書いたので商品はそちらを参照してくださいね

にはまた詳しく書くこともありましょうけど

お昼はインスタントきのこスパ

きのうのお昼は

「和風きのこパスタ(スガキヤ)」

買ってきまして

レシピ通りにせずに

何とか美味しく食べました

 

和風というので醤油風味の味付けです

なかなか

今度自己流で真似してソースを作ってみよう

と思っております

2018年4月14日 (土曜日)

金曜日思う存分餃子食う

🌱 金曜日思う存分餃子食う

このごろ

餃子 つきだし(きんぴら) 鰤 ハマチ ジューンベリー ハナミズキ

2018年4月 9日 (月曜日)

三多気の桜・ウォーキング

4月8日 日曜日

4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク 4月8日三多気の桜ウォーク

2018年4月 5日 (木曜日)

四月初旬号

日記が溜まる一方ですが
仕事をし始めたからね


ハンバーグ イワシ お昼は焼きそば ワインを買いました

2018年4月 1日 (日曜日)

三月から四月へと

いつものように あとでぼちぼち書きますが

🍀

アメブロから


2018年3月31日 (土曜日)

桜は早くも散りそめて

三月下旬はトントンと過ぎて
春は足早に過ぎてゆく

孫っちたちはとうさんかあさんと動物園へ


動物園 動物園 動物園 動物園 角煮(骨つきだった)

2018年3月28日 (水曜日)

ちくわとシャケ

ちくわとシャケをフライでいただく
【写真日記へ】

ちくわとシャケをフライでいただく

日記はあとで

2018年3月25日 (日曜日)

びんちょうマグロ@にんにくネギ醤油  
びんちょうマグロ@にんにくネギ醤油
2018年3月23日 (金)

🌱

NEWS
あなたに逢ってときめいて

それから…別れて悲しんで

 

2018年3月23日 (金曜日)

お彼岸・後半号 晴れです

3月23日 古墳公園 3月23日 古墳公園 3月23日 古墳公園 3月23日 古墳公園 ユキヤナギ

ぼちぼち書く

きょうはよい天気なので
お墓まいりに出かける

あとで書こう

2018年3月22日 (木曜日)

お彼岸号

お彼岸号

🍀 春の雨 赤鬼のごとく暴れをり

++

🍀 横しぐれ

チャンバラごっこの切り込む角度に近い

++

🍀 (21日)

自分たちの結婚記念日
娘たちの結婚記念
孫っち1の生誕記念
と木を植えてきました。

今年も孫っち2の生誕記念で木を植えます。

恵みの雨です

++

写真日記から

納豆と崩れ目玉焼き(朝ごはん)

納豆に崩れ目玉焼きをのせてみた  お彼岸号

2018年3月21日 (水曜日)

門井慶喜 銀河鉄道の父

「宮沢賢治を父政次郎の目から描いた異色の」と書評が書き出す。
果たしてそうか。

この作品の一番大切な言葉は、「宮沢賢治」ではなく「銀河鉄道」でもない。
「父」なのだと読後にじーんと来るものを受け止めながら、そう思った。

1986年から40年ほどのあいだの時代を背景にしたフィクションなのか事実なのか境目のない物語だ。宮沢賢治とともに生きた「父」の物語というのが正確ではないか。

何度も時代の年表を照らしながら、この時代背景のなかで人々がどんな暮らしをし何を生きがいにして幸せを求めていたのだろうか、ということを並行して考えながら、この物語の普遍性がもたらす父親の心理とそのなり振りなどを想像した。

父とはこんなものだと冷めて見つめてもよかろう。
しかし、深層はそんな生易しいものではすまされない。

励ますほかの仕事はなかった。励ましたところで賢治はみじんも楽になることはなく、ましてや病状など好転しない。ことばとは、これほどまでに、
(無力か)
永遠のごとき時間ののち、ようやく咳がやむ。(P376)

丁寧に父なるヒトの心と時間の鼓動を捉えている。

的確に、愛情という温かさと父が備える冷たさと、父であるべき冷静さを物語の深層流におきながら、父の視点とその心を着飾らず肩にも力を入れずに、美しく物語にした作品といえる。

宮沢賢治生誕百周年のイベントのときに偶然にも花巻を旅して賢治に出会いながらもそのあとになっても彼の作品をさらりとしか読んでいなかったし、作品自体もそれほど…と思っていた出来の悪い宮沢賢治読者であったわたしであるが、作品には心を洗われた。

子が先に逝くのは今ほどまでには異例でなかったにしろ、紛れもなく自らの無力に冷静に向き合った父の威厳と偉大さと優しさが、宮沢賢治の描く銀河には脈々と流れるのだろう。

(平成30年3月21日記)

門井慶喜 銀河鉄道の父

2018年3月17日 (土曜日)

三月中旬はいつものように京都で

京都日記はそのうち

14日に行って
16日に帰って来ました

行きはガスト、帰りは松尾
真ん中の15日は四条河原町の『まる富』という焼肉屋さん

写真は全然ありません あはは

🌱 雨中嵐山(3月15日)

🌱 嵐電(3月15日)

16日はお蕎麦屋さんに寄る 15日は嵐山に散策に 14日のお昼はガスト

2018年3月14日 (水曜日)

三月は中旬へと移ります

春風吹いてちょっとお出かけ

悠人の新しい靴 本麒麟 シャケフライ+アウトバイエルン ヒラマサ 卵が双子! お昼はうどん

2018年3月 8日 (木曜日)

啓蟄のころ

啓蟄のあくる日(8日)
まとまった雨が降って

ケータイ騒動
まさに大騒ぎとなってしまい
ツマもわたしもケータイに振り回されているが

ツマは新しくなったスマホがやはり嬉しいようで
嬉しそうにしているの見てると
こちらも嬉しい

じっくりと書く時間がない
書くテーマもない
刺激もない

そうそう
日曜日に図書を返却しました
感想はのちほどまとめたいと思います

若竹千佐子 おらおらでひとりいぐも 若竹千佐子 おらおらでひとりいぐも

2018年3月 7日 (水曜日)

孫っち 誕生日号

あれこれあるので あとでまとめよう

回鍋肉 水菜のカツ丼

悠人誕生日 ケーキ 悠人誕生日 ケーキ 悠人の誕生日に 悠人誕生日は明日

2018年3月 4日 (日曜日)

ひな祭り号

三月三日はひな祭り

私の家は男の兄弟でしたので母は雛人形を家に飾ることはありませんでした
子どもの頃はそのことをなんとも思いませんでした
しかし大人になってから気づいたのは母の寂しさです

母は女の子を育てて雛人形を飾りたかったことでしょう
貧しい農家です
けれどもいつか富める家のように床の間に雛壇をと夢を見たことでしょう

ひな祭りのころにはそのことを考えてしまいます

そんなことを言ってないで
母と親子でひな祭りをしてやればいいのでしょうが

今は それ以上に幸せで悔いのない人生を送って入るようですから そのままでいいんです

本来は八十八歳で米寿を祝うのですが、米寿は祝い事をしないのがよし とされているようで 何もしません

🍀

一方で私のムスメも男の子二人で
ささやかにちらし寿司をして
節句のお祝いをしたようです

我が家は鯖の味噌煮
赤味噌を少し多めに
という作戦で
とても美味しいものが出来上がりました

生姜も食べます
骨は17本出ました
解剖学的に正しい数字でしょう
毎回安定しています


ひな祭りはちらし寿司 鯖の味噌煮

2018年3月 2日 (金曜日)

初・ベビー フェース プラネッツ

あれこれ ありました
やっと行ったんですが

またあとで書くわ

🍀

2018年3月 1日 (木曜日)

二月下旬から三月初旬へ

二月下旬からあっという間に三月に

春近し二日続けてアジを食う

開きは美味しいです
太骨もムシャムシャと食べます
食べにくい時はストーブで炙ってみると良い

これからお出かけ 日記はあとで

🍀

ケーキを食べる(2月28日) アジの開き

2018年2月28日 (水曜日)

春の足音がしてくるような気がする 二月尽

暖かい日和なので散歩に出ても汗ばみます

ケータイ電話を持って欲しいといわれて
(実は嫌々ながら)契約することに決心しました

なかなか電話だけで使いたいのですけど
期待するものがないのですよ
ジイさんが使う仕様になっている電話はどうなんやろ
そんなことを思案しならお店まわりを二、三軒

私には iPodタッチと iPad mini があるので何不自由しないので
電話持ってもその辺に置きっぱなしにするだろうな

🍀

図書館で借りた本の返却期限が迫っていますけど
この頃は落ち着いて本を読むものの
長続きして読むことができず
あんまし進みません

一気に読んでしまうような本は
ただ単に読んでしまっただけが残って
感動的なものでも、後で考えて??ってな感じになりがちで
素晴らしい作品であるほどに じっくりと読みたい

三歩進んで二歩下がる読み方の方が心に残るのだな

アメブロの日記
シャツ一枚脱いで飛び出す二月尽


鰹のタタキ 鯖の西京味噌漬け 若竹千佐子 おらおらでひとりいぐも 若竹千佐子 おらおらでひとりいぐも

2018年2月24日 (土曜日)

二月下旬です 少しぬくたい

やっと……

というわけでもないけど
お休みになりましたが
いつも通り日の出前から起きてます

明日は仕事なので
今日はのんびりしたいが

とうわけでまたまたあとで

2018年2月22日 (木曜日)

二月 中旬から下旬へと

雨水が過ぎてじりじりと温かくなる気配です

あとでゆっくり書こうかな
今度の休みにでも

2018年2月21日 (水曜日)

金子兜太さん 逝く

金子兜太さん 逝く

むかしを探して
もう一度振り返ってみたい


秘伝ブログ ▶️
金子兜太さん 逝く 雨水篇 (裏窓から)


    1
  1. いつもと同じ春、いつもと違う春 ─ 啓蟄篇
    まず」の暮らしが動き出しているようです。金子兜太さんは「他界」のなかで、逝ってしまう人はもう一つの世界に移ってゆくだけで魂までもが消滅するわけではないのだとお...
  2. 金子兜太 他界
    金子兜太 他界2015年2月20日 (金)図書館で借りたのでさらりと読んでホイと返却してしまった。読み終わったあと、し...
  3. 春はじりじり
    に立たんが少しは手伝っているかな。雨水。金子兜太を読み始めました。さっぱりした作品です。引っ越しの荷物運びなどの予定で休暇にしていたのですが、割と暇だったので...
  4. 温い日寒い日 ─ 雨水篇
    書館に予約を入れておいた本が届きました。金子兜太さんの「他界」です。少し前に金子兜太さんの語る 兜太 ─ わが俳句人生 金子兜太を読んで以来、カリスマ的に手が...
  5. 語る 兜太  ─  わが俳句人生 金子兜太
     金子兜太さんという人は、朝日俳壇の選者もやっていて、テレビで何度か見たことがあり、ラジオでも話を聞いたことがある。95...
  6. 金子兜太 わが俳句人生 語る兜太
    BOOKs(読書日記)から金子兜太さんの魅力と凄さはいったいどこから湧き出てくるのだろうか。そう思うと、むかしを掘り起こして、自らが描く姿にお目...
  7. 枯野
     よく眠る夢の枯野が青むまで  金子兜太私は夢をほとんど見ない。眠ったら朝までまっしぐらで、眠っているときの歓びはない。したがって、どんな寒い朝でも起...

金子兜太 他界 金子兜太 語る兜太

2018年2月17日 (土曜日)

二月も中旬・バレンタインも過ぎました

きょうはお休みや

やったー
でも明日は仕事

ゆっくりと日記でもかこう


アメブロ
鶏のさっぱり煮 でしたん
バレンタインのころ

鶏のさっぱり煮 バレンタイン バレンタイン タラ

2018年2月14日 (水曜日)

2月13日は答志島へ

答志島ウォーキングをしてきました

いつものように後で書き足します

M'S ZOOM
13日は答志島ウォーキング

🍀

答志島(定期船から) 答志島(定期船) ロンク食堂(おまかせ定食) ロンク食堂 ロンク食堂 路地 答志島の路地 美多羅志神社 うなぎ(1.3メートル) 桃取 定期船乗り場待合室のお雛様

ニュースから

00300213_55049

2018年2月13日 (火曜日)

三連休は出勤、そのあと13日は答志島ウォーク

11日の朝はうっすらと雪が積もりました

仕事に出かけるときにはおおかた融けて
連休ですし3月にはまだ少し間があるので
出勤者もほとんどなく
のんびりとゆっくり仕事ができました

13日は答志島ウォーク

ロンク食堂も寄れたし
充実した1日でした

唐揚げ 11日の朝はうっすらと雪

2018年2月10日 (土曜日)

三連休 今日だけ休みで雨予報

三連休 今日だけ休みで雨予報

午前中にウォーキングに行かなあかんな

アメブロの日記から 
猫舌でもアツアツを食べる(ウインナー)

2018年2月 9日 (金曜日)

わはく(秘)伝 へのスピンアウト(立春篇)

ほんとうに断捨離するべきもの - 立春篇 (裏窓から)

遅くなりましたが
立春篇です


わはく(秘)伝

一子相伝 点綴・「遺す言葉」は あいさつ のなかにあります

2018年2月 8日 (木曜日)

小芋が美味しい

買い物にお出かけすると
不要なものを買ってしまうし

美味しそうなものも欲しくなるので
じっと我慢をして
家にあるもので済ませる

アメブロ最新記事  パーポーと小芋

八宝菜 小芋

«焼き鳥はヘルシーですね 手抜きしたけど