2018年9月17日 (月曜日)

辻原登 抱擁

今朝から辻原登の読後メモを書いたり
なかにし礼の夜の歌を読み返したりしながら
早起きしてまたもう一度うとうとしたりして
午前中を過ごしている

辻原登 抱擁

2018年9月15日 (土曜日)

雨降りに秋刀魚を焼いて秋を食う

秋になってもあなたの正体ナゾのまま

ひそひそと架空の人に物語る

降り出した雨好きも嫌いも木曜日

セプテンバー原色好きなキミの傘

雨降りに秋刀魚を焼いて秋を食う

待ち合わせあれは雨の銀座なり

嫌がられても またかと言われてもサンマ5号

🌱

夢の跡
あなたの書いたその詩集
きらめく言葉の泉のそのむこう
そっと隠した涙の跡がそこにある

🌱

なかにし礼「夜の歌」を読んでいますが
憎悪と嫌悪があふれた
全力で綴った自伝であり
これは遺言でもあるのだ

BOOKs(読書日記)

なかにし礼 夜の歌

綺麗に乗せられなかった餃子 アジの開き サンマ5号

2018年9月 9日 (日曜日)

ヒッチハイクの旅・・・のこと

ヒッチハイクの旅

🌱

ヒッチハイクという旅の移動スタイルがある

もう消えかけている

もちろんそれほど流行ったわけでもない

かつて北海道をヒッチハイクで旅をした

手を挙げて走ってくる車の人に乗せてもらう

今なら危ない

女の子なら余計にできない

あの時代はそういうことが可能だった

おおらかな時代だった

人が人に対して必要以上に敵対心を持っていなかった

友だちになるための敷居を持っていなかったし

疑いもなかった

悪い奴も少なかったのかもしれない

でもほんとうはそんな綺麗なものでもなかったが

みんな泥の中でうまく生きていて

みんな清かったのだと思う

🌱

旅は自由で気まぐれできないなくてはならない

無計画で思いつきで

人任せであっても良い

だから

ヒッチハイクでよかったのだろう

貧乏であった

でもどこかに到達したい

まだ知らないものを知りたい

見たことのないものを見たい

情報なんて何一つない

教えてくれる人もいない

噂があればいい方だ

そこにある宝物を目指そうと

多くの旅人は考えた

🌱

今は・・・

用意周到で完璧に計画を立て資金を調達をし
安全に最後まで旅を続けられる

情報が細かく入手でき綿密に予定も経つ

トラブルは滅多にない

道具も十分に揃っている

訪れるところは調査済みで

感動は筋書き通りなのだろう

それで満足なのかと問いたいが

もともと予期せぬ旅を想定しないのだから

そういう旅は、間違いではないわけだ

バイクと旅をやめたのは

そういったことも理由にあるのかな

🌱

メロン(ひとり生え) ナガノパープル 白露

« 土曜日はたまった写真からはじめる

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ